インターネットを利用してのキャッシングの流れ

インターネットを利用してのキャッシングの流れ

キャッシングでお金を借りたいけどやっぱり不安、という方は少なくありません。簡単にですが、キャッシングが終わるまでの流れを説明いたします。大雑把に紹介してしまうと、最初にするのは申し込み、その後キャッシング会社からの審査を受け、審査に通れば現金を借り入れる事が可能です。

申し込み方法は多岐に渡ります。直接お店の窓口に行く方法や、無人契約機を活用する方法、郵便で書類をやり取りする方法もありますし、最近ではインターネットを活用して申し込みする人も増加しているようです。この中からネットでの申し込みをピックアップしてご案内します。

まずは利用したいキャッシング会社のHPにアクセスすることからスタートです。公式サイトには申し込みページがありますので、サイトの案内に沿って必要事項を入力していってください。

名前や年齢などの他に、申込者の職業や年収、どれだけ勤めているかの年数や、携帯や自宅の電話番号、そして職場の電話番号などを入力します。

他社からの借入れ状況や、そのキャッシング会社ではどのくらいの借入れを希望しているのか、なども入力内容のひとつです。必要事項を埋めて、ミスなどがないかチェックしたら申しこボタンを押しましょう。その後はキャッシング企業の審査が開始します。

なぜ審査が必要なのかというと、キャッシング企業が、「申込者にどの程度融資できるか」「限度額をどの程度にするか」、を判断するためだからです。

審査の内容はキャッシング業者によって差がありますが、一般的な内容としては、利用者に安定した収入があるのか、複数の企業から融資を受けていないかどうか、といったことになります。

他社からも融資を受けているのに、自社からも借り入れて大丈夫なのかといったことや、返済が止まってしまっていないか、などを個人信用情報センターでチェックをしているようです。

金融機関の利用状況や返済状況は、センターへ尋ねる事で確認する事ができます。もしも嘘を書いたとしてもすぐにばれますし、審査にも不利になりますのでやめましょう。

審査に通ったとしても予想より低い金額しか借り入れなかったり、審査自体に通らなかった場合は、他のキャッシング会社に申し込み直してみるのもいいと思います。

とはいえ、短い間に(基本的にはひと月といわれています)複数のキャッシング業者に融資の申し込みを行う事で、「申し込みブラック」と判断され、審査をクリアする事ができなくなるケースもありますので気をつけてください。

複数といってしまうと曖昧ですが、やはり一社か…二社あたりにしておくのがオススメです。

納得できる審査だったとしたら、キャッシングする事が可能になります。ネット申し込みの場合は、時間帯によってはすぐに希望の口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。

↑ PAGE TOP